ホーム » 商品へのこだわり

商品へのこだわり

kodawari1

大切な家族の愛犬、愛猫のために

私たちは北海道産の食材を出来る限り使用し、人と同様に食材も厳選し『人用の食材のみ使用』した「安心・安全・おいしい」をモットーに商品づくりをしております。
また、できる限り顔の見える生産者、産地を使用した商品づくり。
できる限り添加物を使用しない商品づくりを
心がけて商品づくりをしております。

人と同様 『長寿・健康は腸内環境づくりが大切』の考えのもと、北海道植物発酵酵素を配合した商品づくりをしております。
身体の免疫細胞のおよそ70%が腸に集中しているといわれております。
健康で病気になりにくい身体、病気になっても回復力の強い身体をつくるためには、日々の腸内健康管理・予防が必要といわれております。
健康予防の為にも植物発酵酵素サプリの摂取、おやつも健康に配慮したおやつをおすすめします。

「腸内フローラ」とは

腸内フローラとは人や動物の腸の内壁に生息している腸内細菌のこと。
多種多様な腸内細菌が種類ごと(善玉菌、悪玉菌、日和菌)にまとまり腸の内壁に生息している様子が、花畑に似ていることから、「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれています。
腸内フローラは善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割のバランスを保つのが大切と言われています。

 善玉菌:有割物質を体外に排出するのを助けたり、免疫細胞を活性化したりする作用。
       オリゴ糖・乳酸菌が善玉菌のエサとなる成分である。

 悪玉菌:腸内で有害物質をつくり出し、悪玉菌が増えると、便秘や下痢などお腹の
       調子が悪くなることもある。

 日和身菌(ひよりみきん):善玉菌、悪玉菌の優勢な方に味方作用する。

植物発酵酵素(エキス)のこだわり

健康維持にはいつも腸内環境を正常にしておく「善玉菌が優勢」な『腸内フローラ』を整えることが大切。
日頃から善玉菌の代表<乳酸菌><オリゴ糖>を摂取し善玉菌を優勢にする。
その為にも乳酸菌、オリゴ糖を含む植物発酵酵素を摂取して、善玉菌が優勢な『腸内フローラ』を保つことが健康予防と考えています。

獣医師監修商品

ペットの健康・予防を考え、『安心、安全、おいしい』の基本的考えにて、より体に良く、ペットが喜ぶフード、おやつをつくるために、商品の監修を酪農学園大学 獣医保健看護学校 宮庄 拓先生に監修して頂き商品づくりをしております。
酪農学園大学は、昭和39年に産業動物医療に従事する臨床獣医師の養成を目的に設置されて以来、獣医学はもとより酪農学や環境学を研究対象とする教員や広大なキャンパス内に飼育される産業動物を含めた教育資材を有効に利用し、先端的な産業動物関連の諸科学を学ぶことができる大学です。


komds3
mugi

rakunou
酪農学園大学 

btn